鼻づまり 解消 改善

内服薬(第1世代抗ヒスタミン薬)の種類

第1世代の抗ヒスタミン薬の成分は脳に影響して眠気を催すという副作用があります。

 

使い方は、第2世代抗ヒスタミン薬と同じで、1日数回に分けて服用して使います。
車の運転や機械の操作をする可能性がある方は、避けたほうが無難です。
逆に、夜眠りたいという時には、第1世代抗ヒスタミン薬で、多少眠気を感じたほうが、鼻づまりの影響があっても眠りにつきやすいかもしれません。
自分のライフサイクルに応じて、選択するようにしましょう。

 

商品名

写 真

特 徴

コンタック600FIRST  

主成分はケトチフェンフマル酸塩配合の抗ヒスタミン、抗炎症薬。
眠気を感じることあり。1日2回の服用。
第2類医薬品(楽天やAmazonでも購入可能)
夜眠りにつきたいときには、「鼻炎止め+多少眠気を誘う」という意味ではオススメします。

エスタック鼻炎ソフトニスキャップ  

くしゃみや鼻のムズムズなどのアレルギー症状、鼻水、鼻づまりを改善する3つの成分が配合。
ソフトカプセルタイプの中の薬剤が液状なので、早く溶けて効き目が速い。

スカイナー鼻炎N  

くしゃみ・鼻水・鼻づまり、鼻粘膜の炎症組織の回復、鼻炎に伴う頭重など広く症状を緩和。
血管収縮成分は配合していないため、強い鼻づまりの方には十分な効果がかんじにくいかも。 1日3回服用

アネトンアルメディ鼻炎錠  

鼻水・鼻づまりに効果のある生薬配合
1日3回服用

プレコール持続性鼻炎カプセル  

6種類の成分を配合。
早く溶ける粒と遅く溶ける粒を混合しているため、8〜10時間効果が持続。1日2回服用

ストナリニS   外側が胃で溶け、内側が腸で溶ける二層構造の錠剤になっているため、効果が長持ち、糖衣錠。 1日2回服用
パブロン鼻炎カプセルS

早く溶ける粒(白)と、ゆっくり溶ける粒(橙)が配合で効果長持ち。1日2回服用
コンタック600プラス

7歳から大人まで服用できる。卵アレルギーの方は服用不可。
ザジテンAL鼻炎カプセル

主成分は「ケトチフェンフマル酸塩」という抗アレルギー成分。

1日2回服用成分を配合したアレルギー専用内服薬です。

ストナリニ・サット

口の中で溶けるタイプ。口に入れてから約5秒で溶ける。

眠気が少ない。水なしで服用できるタイプ

コルゲンコーワ鼻炎フィルム

厚さわずか0.13mmの紙のように薄いフィルムの中に、成分を入れた新しいタイプの薬です。

薄いため、財布の中に入れるなど携帯性に優れている。

子どもに使う場合

お子さんに服用させる場合には、子供用の鼻炎薬を使うようにしましょう。
特に、2歳未満のお子さんの場合は、小児科を受診するようにし、市販薬の使用はやむを得ない場合のみにするようにしてください。

 

商品名

写 真

特 徴

宇津こども鼻炎シロップA

ノンシュガー・ノンカフェイン。
睡眠を妨げる、虫歯などの心配がありません。

小青竜湯エキス顆粒A

鼻水・鼻づまりに効く漢方薬です。透明な鼻水や、水のような痰を伴う咳が出る方、体力があまりない、虚弱体質の方向け。
一般の鼻炎薬のように眠気が発生しません。